2016年07月24日

女性の気持ちを真に理解できる候補者に一票を

 東京を平壌にしたいトリが飛び ソウルにしたいマスも泳げり

外国人参政権に賛成のトリとマス。待機児童問題に目を向けてみても、2人とも抽象的なことばかり言っています。

昨日はトリが母親達と懇親の場を持ったそうですが、そこで「私は都立の保育園を作りたいという気持ちがあるんですが、それについてどう思いますか」と質問。
母親達からは「正直、それは話題性でしかないと思う。それを実現するために都で人材を育てていく暇があったら、今あるものを拡充して、まともに機能できるようにしてほしい」「都の保育施設という意味では、すでに認証保育所というものがある。新たに作らなくても、それを見直すことができるのでは」などと指摘され、“勉強不足”を露呈したというのです。
年齢や健康はもとより、政策面でもいろいろ不安の尽きないトリですが、それにしても何故、ウツは出馬を取りやめたのでしょうか。トリに比べたらウツの方がはるかに都政に精通しているし、情熱も本物だったと私は思います。
ウツよりトリを取った陣営は、人を見る目がまるでないことを恥じてよいでしょう。

一方、マスは「保育所の問題は区に権限がある。知事になったら1カ月以内に全区長と話し、地域別の待機児童解消で緊急プログラムを作る」などと主張しているそうですが、全区長といったいどのような話をするのでしょうか。
杉並区長と会って、「区立公園をつぶして保育所を作る?子供の遊び場だろうが、祭りやイベントに使われていようが、関係ない?それ、良いですね。他の区にも広げましょう」といった話をされても困るのです。
残念ながら、杉並区議会では同区議会自由民主党、同区議会公明党らの会派が、保育所増設のために区立公園をつぶそうという民主党出身の区長の暴挙に加担しています。区長が「自民や公明の賛成を得ている」と言えば、マスがそれを鵜呑みにして、他区にも広げようなどと思いつく危険性は十分にあるのです。
思うに、マスは区長会から出馬要請を受けていることをアピールしたいのでしょう。
しかし、県知事時代には6000億あまりだった県の借金を1兆2000億円強と倍近くに膨れ上がらせ、総務大臣時代には地方消滅を唱えて都の財源を過去7年間累計で1兆円以上も奪い去ったようなマスに、出馬要請など行う区長会の方がどうかしているのです。
このようなマスを「実務家」などと担ぎ上げる一方、自分達の推した過去2人の知事が相次いで辞職したことについては何の責任も取らない陣営もまた、猛省しなければなりません。

私は、待機児童問題についても具体的に政策を提案し、かつ、女性の気持ちを真に理解できる候補者に一票を投じたいと思います。

posted by 田中ゆうたろう at 09:19| Comment(0) | 日記

2016年07月21日

二度あることは三度ある?

外国で卑劣なテロが続いています。根底に移民政策の問題があることは明らかであり、日本、特に首都東京にとって、決して他人事ではありません。このような時に、積極的にであれ、消極的にであれ、外国人参政権をいまだに是とするような時代錯誤の愚か者たちが、あろうことか都知事の座を虎視眈々とうかがっていることを、私は心底恐ろしいと思います。

 東京を平壌にしたいトリが飛び ソウルにしたいマスも泳げり

私は、外国人参政権に反対の意思を明示している候補者に一票を投じたいと思います。

一方、報道によると、ユリは先日私の地元杉並を訪れ、JR荻窪駅前で街頭演説したそうです。某党都連がこれまで推した2人の知事が相次いで辞職したことに触れ、「責任を取った人は誰もいない。誰とはいいませんが」と指摘したとのこと。

その都連が、三度目の正直とばかり担ぎ上げているマスですが、仏の顔も三度まで、今度は本当に大丈夫なのでしょうか。
県知事時代には、6000億あまりだった県の借金を1兆2000億円強にほぼ倍増させ、4期目に立候補することなく退任したのは有名な話です。
また総務大臣時代には、地方消滅を唱えて東京都の財源を他県に奪う制度を作り、結果、都は過去7年間累計で1兆円以上もの税収を失ったことも記憶に新しいところです。
こんなマスを、「実務家」などとおだてる人々の気が知れません。やはり、二度あることは三度あるということでしょうか。

某党都連は報道の通り、他候補を支持する党員には親族まで対象に除名処分をちらつかせ、その自信のなさを連日満天下に露呈しているわけですが、自信のなさには、それなりの理由があったわけです。

posted by 田中ゆうたろう at 12:02| Comment(0) | 日記

2016年07月20日

病み上がりの方に病み上がりと言って何がいけない

トリ、マス、ユリの3氏が昨日、テレビ番組にそろって出演し、生討論の中でトリがユリに噛みつく一幕があったそうです。

報道によれば、3氏は番組内で都政のテーマについて討論。司会から「最後に」と促されたトリは「どうしても聞かなければならない」と切り出し、「ユリさんは街頭演説の中で、『病み上がりの人を連れてきてどうするんだ』と言われましたか?」とただした。
ユリが否定するも、トリは「がんサバイバーへの差別、偏見だ」と強い口調で抗議。ユリは「もし言っていたのであれば、失礼なことを申し上げて恐縮です」と謝った──とのことです。

さて、私は率直に思うのですが、病み上がりの方に病み上がりと言って何がいけないのでしょうか。幸いトリは元気になって後遺症もないから、そういう能天気なことを言って平然としていられるのかも知れません。
しかし世の中、がん治療によって後遺症が残る方もたくさんおられるのです。
病み上がりという概念は差別でも偏見でもありません。後遺症に悩む方々に対し、社会が示さなければならない配慮というものが、確かにあります。それをトリはあまりにも軽視しているのではないでしょうか。

がん患者の代表のような顔をして、その実、がん患者という経歴を利用し票稼ぎしているに過ぎないのでしょう。そしてその結果、がん患者の立場を不利にするようなことまで発言しているのです。

そもそも、差別用語でも何でもない病み上がりという言葉を、「差別、偏見だ」と言い募る辺り、古い言論人によくある悪質な言葉狩りです。表現の自由の何たるかも知らない似非ジャーナリストに、憲法を守るなどと寝言を言って頂きたくありません。

このトリは、街頭演説で「強い者は嫌い。弱い者の味方でありたい」などとも述べているそうですが、本当に弱者の気持ちを理解しておられるのか、大変疑問です。

posted by 田中ゆうたろう at 10:13| Comment(3) | 日記