2019年04月07日

私の区政報告最新号が刷り上がりました

お待たせ致しました。私の区政報告最新号が刷り上がりました!
今月の予算特別委員会での私の質疑・調査から初めて明らかとなった杉並区政の不都合な真実、「保育園に落ちたい親」について、詳しくお伝えしています。
ぜひ、ご一読頂ければ幸いです。

https://drive.google.com/file/d/0B_k_p-eeC-3DNWdCMk1GY3lvWXRzT0NXY0Q4UmZvNS15cHJZ/view?fbclid=IwAR39OLC_HZTCyKYJsv8hQOJvoWfw3TfUUVOlizKQe3of_M5b11A4MnEgAjU

この間、格別のご高配を頂いた印刷会社の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

現在、杉並区内の各駅頭で配布していますが、「最新号、待ってたよ」と有難いお声も。
予想以上のご好評を頂き、慌てて増刷しました。
区政報告を増刷するのは初めての体験で、改めて、「保育園に落ちたい親」問題への区民の関心の高さを実感しています。
やはり、「保育園、いくら何でも建てすぎだよ」などということは、区民はとっくに気付いているのです。
気付いていないのは、愚かな政治家と愚かな役人だけです。

先日、区は「2年連続で待機児童ゼロを達成した」などと誇らしげに発表しましたが、私にいわせれば、あれだけ無計画に保育園を乱造すれば、そんなことは当たり前のこと。今はその手法の是非こそが検証されなければならないのです。

posted by 田中ゆうたろう at 08:35| Comment(2) | 日記

2019年01月24日

田中ゆうたろうのブログとFacebookがまとめてご覧いただけます。

 https://go2senkyo.com/seijika/30901

 こちらの選挙ドットコムというサイトで、私のブログとFacebookがまとめてご覧いただけます。

posted by 田中ゆうたろう at 05:44| Comment(1) | 日記

明るい杉並区を目指して

 Facebookでもお伝えしているように、日本共産党・洒井まさえ氏に公選法違反の疑いを指摘したところ、同党活動員から脅迫と暴行を受けました。

 17日朝、私が永福町駅頭で区政報告を行っていたところ、あとから現れた日本共産党の杉並区議会議員選挙立候補予定者・洒井まさえ氏が、自身の氏名を大書したタスキをかけ、かつ、マイクを使って公然と「私は今度の杉並区議会議員選挙に立候補する洒井まさえである。区議会に送って頂きたい」と演説していました。
 これは、明らかな事前運動で、違法行為です。
 
 そこで氏に、それは公職選挙法に違反するのではないかと指摘したところ、タスキは外したものの、私の指摘には最後まで反論できないまま、同党の男性活動員を呼び出しました。そして、私はその活動員から脅迫と暴行を受けました。右腕を強く捕まれ、捻られたまま、数メートル引きずられました。
 帰宅しても痛みが治まらないことから、病院で診察を受けたところ、「右腕腕部挫傷 全治約2週間程度の見込み」との診断書が出ました。


 この間の動画を、YouTubeに公開しましたので、ご確認下さい。
  
 動画公開に際し、ご協力頂いた大山たかお那覇市議はじめ、ご心配、ご助言下さった皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。ありがとうございます。

 さて、この件を受け、左翼勢が中核派に私の殺傷をそそのかしています。

 http://matinofuruhonya.blog.fc2.com/blog-entry-4189.html

 私を名指しし、「即死させても無罪」「実質的に消去すべき」「半殺しにすべきだった」と、傷害や殺人を示唆する脅し文句が並んでいます。
 ご丁寧に、今度の杉並区議選に出馬を予定している中核派の活動家・洞口朋子(ほらぐちともこ)氏に、犯行をそそのかしています。

 
 区民の面前で平然と違法行為を行う上、都合が悪くなると暴力に走る勢力、またそれに便乗して人を脅す勢力には、決して屈してはなりません。
 明るい杉並区を目指して、区民の皆様とともに歩んでいく覚悟です。

posted by 田中ゆうたろう at 05:32| Comment(2) | 日記