2016年09月22日

祭りのあと

今年も秋のお祭りが終わりました。
私も地元の神社のお神輿を担がせて頂きましたが、やっぱり重かった!まだ肩の痛みが抜けません。
エネルギッシュな担ぎ手の皆さんを見て、私も見習わななければと思いました。

ところで、先の都知事選の惨敗候補・増田寛也氏が、何とこの度、突如として杉並区顧問に就任することになりました。
東京都知事としては民意を得られなかったが、区の顧問としては適任ということなのでしょうか。

都知事選において、区長会は増田寛也氏に出馬要請を行い、同候補を支援していました。
田中良杉並区長も、区内で増田候補の応援演説を展開していました。
が、思えば、岩手県知事時代には6000億あまりだった県の借金を1兆2000億円強と倍近くに膨れ上がらせ、総務大臣時代には地方消滅を唱えて都の財源を過去7年間累計で1兆円以上も奪い去ったような増田氏に、出馬要請など行う区長会の方がどうかしていたのです。
田中区長も、余儀なく足並みを揃えざるを得なかったものかと推察していましたが、その増田氏を区の顧問に就任させるという今回の人選は、さすがに理解に苦しむものがあります。

そこで、増田氏の区顧問就任の経緯を先日の議会で問うたところ、区長に
「政治家に完璧な人間は存在し得ない。田中議員のような物差しで人物を評価するのはちっちゃい、狭い」
との答弁を頂きました。
私は区長のこの答弁の方がよほどちっちゃく、狭いのではないかと思いますが、この話はまた別の機会にでも。

posted by 田中ゆうたろう at 11:31| Comment(4) | 日記