2017年04月30日

「高円寺びっくり大道芸」から学べ

 昨日から今日まで、「高円寺びっくり大道芸」が開催されています。
 高円寺の町全体が大道芸の会場と化すこの一大イベント、今年で第9回を迎えました。総合プロデューサー橋本隆雄氏のご挨拶の中に、「高円寺は、雑然としたなかに、クリエイティブなエネルギーが満ちており、大道芸との相性が非常に良い街です」(公式パンフレットより)との文章がありましたが、まさしくその通りだと思います。
 その、雑然としたなかに満ちたクリエイティブなエネルギーの正体とは、一体何なのか?
 それが、この数年の私の一大関心事です。
 私は今、高円寺のお隣にある和田3丁目という町に住んでいます。かつては高円寺の一部(旧高円寺2丁目)だったが、今では和田の一部ということになっている(昭和38〜44年までに行われた住居表示のため)、いささか珍しい地域です。
 氏神も高円寺天祖神社です。
 私の生家は和田1丁目にあり、和田1丁目を含む旧和田本町の氏神は大宮八幡宮です。ややこしいのですが、和田の氏神と言えばふつう、大宮八幡宮を指すものの、和田の一部の氏神は高円寺天祖神社になるわけです。
 高円寺という町に対して、我が町であり、隣町でもある。そういう二つの意識が同居せざるを得ない、ある意味絶妙な距離感。
 そういう距離感からこの数年、私は高円寺という町を体験したり観察したりしてきました。そして、この町の持つ「文化のブラックホール」とも呼ぶべき性格、阿波おどりから大道芸まで何でも吸い込んでしまうその謎めいた懐の深さに、いつも驚いています。
 いつか、都市民俗学的な視点から、この謎が解きほぐされる日を楽しみにしているのです。

 私は、この地を東西に横断する桃園川という暗渠(前回の東京オリンピックの頃に下水化された、かつての小川)に、その謎を解くためのカギが隠されているような気がしています。

 昨日、私が高円寺で出会った大道芸にはいずれも度肝を抜かれましたが、とりわけ圧巻だったのは、17時30分から高南通りで始まった「ゴールデンズfrom大駱駝艦」による舞踏です。百聞は一見に如かず、何を言っても野暮になりますが、観衆を巻き込んでもはや呪術の域に突入する、あれを本当のアングラ芸術というのでしょう。コンクリートの路面に閉じ込められた地霊を呼び覚ますかのような、目撃した者にしかわからぬあの衝撃。

 思えば、能・狂言や歌舞伎といった日本の伝統芸能も、その初めは「河原」を上演の場としていました。水こそ地下に封印されてしまったものの、高円寺という土地はやはり、そのような芸能の徒の魂を揺さぶる何かを、今でも秘めているように思われます。
 高円寺には区立の劇場「座・高円寺」もありますが、ともすれば芸術性の追求にこだわるあまり、敷居の高さを感じさせ、地域住民の足が遠のいてしまってはいないでしょうか。真に地域から愛される劇場を創っていく為に、このイベントから学ぶものは大きいはずです。

posted by 田中ゆうたろう at 10:37| Comment(1) | 日記

2017年04月26日

魚河岸の心の拠り所

 先日、築地と豊洲に行ってきました。築地にはこれまでに何度も出かけていますが、豊洲は初めての訪問でした。
 市場移転に反対の方々は、豊洲のどこに不安を覚えるのでしょう。それは、移転予定地があまりにも広大に過ぎ、設備の規模も過剰を極めていることではないか。豊洲を見て回りながら、そう考えました。
 いったい、維持管理費にいくらかかるのか。そのために業者の払う施設使用料はどうなるのか。
 26年前に丸の内から新宿に移ってきた、あのどう考えても無駄に豪奢な都庁舎。豊洲にもそれと似たものを覚える人々は、一定数おられることでしょう。
 築地の地に長年根付いた、世界でも稀な生きた魚河岸文化を、ごく一部の者達の利権のために手放して良いのか。現在の業者の数から言って、豊洲のような広大な面積が果たして本当に必要なのか。
 確かに、ここはやはり冷静に再考する必要があるのかも知れません。
 築地にも豊洲にも、それぞれの特性を生かした、より良い役割があるかも知れないのです。
 さりとて、悠長なことも言ってはいられない。移転延期に疑念を抱く都民も、決して少なくはありません。今が、物事を考えるための最後のチャンスでしょう。

 かの女性環境保護活動家ワンガリ・マータイ氏が、日本で発見し世界に広めたMOTTAINAIの精神が、今少し見直されて良いと私は思っています。
 氏は、日本語の「もったいない」に感銘を受けた後、この意思と概念を世界に広めるため、他の言語で該当するような言葉を探したそうです。しかし、「もったいない」のように、自然や物に対する敬意、愛などの意思が込められているような言葉が他に見つからなかった。また、消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)、尊敬(リスペクト)の概念を一語で表せる言葉も見つからなかった、とのこと。
 
 MOTTAINAI発祥の地であるこの日本の首都東京で、MOTTAINAI精神に欠ける都庁移転がかつて行われ、今またMOTTAINAI精神に乏しい市場移転が俎上に上がっていることは、世界に対し、それこそMOTTAINAIことではないでしょうか。

 築地には、土地の氏神である「波除(なみよけ)稲荷神社」の他にもう一つ、「魚河岸水神社遥拝所」があります。ここにお参りすることで、北の方角にある神田明神の境内にある「水神社」を拝めることになっています。
 「水神社」は魚河岸の守り神で、その歴史は古く、徳川家康の江戸入府とともに移住してきた日本橋魚市場の開祖・森孫右衛門ら摂津国の佃村・大和田村の漁師達が、大漁・海上安全と子孫繁栄を祈願して、水の神を祀ったのが始まりだそうです。

 魚河岸の心の拠り所ともいうべきこの遥拝所から、私は改めて水神様に手を合わせました。この問題にかけてきた時間と手間暇に見合う、より良い結論が導かれますように。

posted by 田中ゆうたろう at 21:23| Comment(1) | 日記

2017年04月25日

子供たちが安心して幸せな生活を送れる社会を築くために

 先日、無事子供さんが産まれたばかりの親御さんから、「子供たちが安心して幸せな生活を送れるような社会を期待したい」とのお声を頂きました。心よりお祝い申し上げるとともに、杉並区はそのような社会をいまだ実現できていないことに、忸怩の念を抱きます。

 拙速な待機児ゼロ達成を区内外に確約するあまり、利用率の高い区立公園をつぶすという暴挙にまで及んだ、田中良・杉並区長による「待機児童解消緊急対策」。
 地元住民の理解も得られぬまま押し進めたにもかかわらず、その約束に反して、今月18日現在、待機児ゼロは達成できていないことがわかりました。
 そのような状況の中、何と杉並区は、限りある貴重な区有地に、30名程度の保育所を作れるにもかかわらず、かわりにビーチコートを建設しようとしているのです。

 今月17日に開かれた総務財政委員会で、「旧永福南小跡地のビーチバレーコート建設計画に関する陳情」が取り上げられ、私は本陳情を採択すべきとの立場から区に質疑を重ねました。しかし、残念ながら多数決により、不採択との結論に至ってしまいました。
 待機児童の解消は、児童福祉法によって区に明確に義務付けられています。一方、ビーチコートの建設を区に義務付ける法律など、何ら存在しません。区は、ビーチコート建設を「杉並区議会スポーツ振興議員連盟(以下、スポーツ議連)」の要望ゆえと称しています。

 が、この議連の実態は、「杉並区議会自由民主党」「杉並区議会公明党」「区民フォーラムみらい(民進党系)」、及び「いのち・平和クラブ(生活者ネットワーク、社民党など革新系)」の一部からなる、杉並区議会議員48名中6割程度に過ぎないことが、先月行われた第1回定例会予算特別委員会での私の質疑から明らかになっています。 

 議会の総意でも何でもない、この「スポーツ議連」の自己満足とも呼ぶべき要望を、杉並区は、待機児解消という法的義務よりも優先しようというのです。そしてその根拠は、総務財政委員会での質疑を通じ、ついに明らかにされることはありませんでした。

 公園をつぶしてまで急いでいるはずの待機児解消が、なぜ、ビーチコートの前には突然トーンダウンしてしまうのか。スポーツ振興に名を借りた隠然たる圧力は杉並区議会にも存在して、区の財産を私物化しているからです。区は、ビーチコートなど作っている場合ではありません。永福及び周辺地域は、保育所がまだまだ不足しているのです。
 各行政需要に対する区の優先順位の不確かさは、いっこうに改善の兆しが見えません。
 また、区は「ビーチコート建設には地域のニーズもある」などと、これまた根拠を示さずに説明するのです。「地域のニーズ」と言うなら、まずは本陳情のような、正規の手続きを踏んで区議会に出された区民の確かな声こそ、最も尊重されなければならないはずです。

 「子供たちが安心して幸せな生活を送れるような社会」から杉並区を遠ざけている、「スポーツ議連」と田中良・杉並区長。さしずめ、近い将来に迫った各級選挙において、彼らの支援する議員候補など、到底信用することはできないでしょう。

posted by 田中ゆうたろう at 13:01| Comment(1) | 日記