2017年08月20日

まともな日本人の対極にある日本の政治家の発言

 『広島に原爆を落とす日』という題名の戯曲があります。劇作家の故・つかこうへい氏の作品です。有名な作品ですが、私は昔から、この題名をどうしても好きになれませんでした。
 「こういう題名は、まともな日本人ならば付けられないのではないか?」との思いが、直観的にありました。そしてその直感は正しかったのだということを、後から知りました。
 つか氏にどれほど優れた才能や業績があったとしても、この題名ひとつで致命傷だと思います。私の知り合いの演劇人には、つか氏の影響を受けた方も多いので言い辛いのですが、私はこういう題名を自作に冠してしまった氏の作品を読みません。

 まともな日本人かどうかということは、単に国籍だけで判断できることではありません。
 昨年の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に「保育園落ちた日本死ね」という言葉を選んだ理由について、審査員で歌人の俵万智氏は次のように述べました。
 「『死ね』が、いい言葉だなんて私も思わない。でも、その毒が、ハチの一刺しのように効いて、待機児童問題の深刻さを投げかけた。世の中を動かした。そこには言葉の力がありました。お母さんが、こんな言葉を遣わなくていい社会になってほしいし、日本という国も日本語も、心から愛しています。」
 世の中を動かすならば、言葉の暴力も大いに賛美するという宣言です。それでいて自分は歌人だなどと言って憚らない。この人も、やはりまもとな日本人とは言えないようです。

 最近、まともな日本人の対極にある日本の政治家の発言が物議を醸しています。
 社民党副党首の福島瑞穂参院議員です。氏は去る15日、先の大戦で亡くなった身元不明の戦没者の遺骨が納められた千鳥ケ淵戦没者墓苑で開かれた市民団体主催の「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」に出席。
 そこで、氏は映画を引き合いに、次のように挨拶したそうです。
 氏のブログから引用します。

 「『ロードオブザリングー指輪物語』の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。」

 この発言にはすでに「戦争犠牲者をゾンビ扱いするとは何事か」「ネクロマンサー気取り」等々、批判も殺到しているそうですから、今さら言うほどのことでもないかも知れませんが、福島議員という人は、まともな日本人とは決定的に「死生観」が異なることがわかります。
 よくもまあ、戦没者の墓前で抜け抜けと死者を冒涜できるものです。
 
 彼ら戦争犠牲者が千鳥ケ淵の地中から甦って、9条改悪を阻止せよなどとデモ行進を始めることはあり得ません。
 ただし福島氏は早晩、神慮によって、自らの言葉の責めを負うことになるでしょう。

posted by 田中ゆうたろう at 11:36| Comment(6) | 日記