2018年03月30日

「自衛戦さえ認めぬ」そんな失礼なことを、安倍首相よ、自民党よ、あなた方は自衛隊員の方々に本当に言えるのですか

 アメリカによって押し付けられた現行の日本国憲法なるものは、そもそも無効である。このことを主張し続ける私は、昨年5月、「保守政治家としての本分を思い出して頂きたい」と題し、このブログで概略次のように述べました。「憲法9条1項・2項に手をつけぬまま、自衛隊を明文化する。つまり、自衛隊を現状よりさらに無力化する安倍首相の憲法改正論は、邪道中の邪道です。安倍氏は各方面に譲歩を重ねるあまり、保守政治家としての本分を見失い、いつの間にか変質を遂げてしまったようです。」

 そんな私ですから、現在、森友問題で窮地に立たされている首相を擁護する気にはなれません。奔放な夫人のために随分ご苦労されているようですが、その夫人を好き放題にのさばらせてきたのも、結局は首相本人の責任ではありませんか。せめて今後は「女性の社会進出を支援」云々といった内容を口にされるときは、慎重の上にも慎重を期されることです。

 以前からこのブログで述べてきたように、「戦力」でない自衛隊など、意味がないのです。自衛戦さえ認められない自衛隊、そんなものをわざわざ憲法に新たに書き込み、自国を守る権利もない国家として日本を固定化するくらいなら、現行憲法の方がまだましだとさえ言わねばなりません。国家として、侵略軍は要らないが防衛軍は必要に決まっている、こんなことは今時小学生でも知っています。
 要するに、森友問題は、「日本人よ、立ち止まって猛省せよ」という天の声と見るべきでしょう。
 66年間も現行憲法を甘受してきた日本人の責任を案ずる向きもおられますが、これは「主権回復」後も事実上はアメリカの属国であり続けたのですから、致し方のないこと。強いて言えば責任はアメリカにあります。「憲法改正」を結党の趣旨とする自民党の無作為を責めるべきはないかとの指摘もありますが、時代的な限界もあったでしょう。どうしても、現実路線として「憲法破棄」の前に「憲法改正」を経る必要があるならば、「占領下の憲法改正禁止規定」と「9条削除及び修正」の2点だけで必要十分であること、これもこのブログで述べてきた通りです。現行の日本国憲法が無効であるとして、では一体何をすれば良いのかとの問いに対しては、そのことを真摯に愚直に言い続けることだと答えるより他ありません。日本の国会議員に、アメリカという国家に。

 先般、銀座の寿司屋でオバマ前大統領と「昔話で盛り上がった」という安倍首相を、トランプ大統領の逆鱗に触れる外交音痴と詰る向きもありますが、したがって私はこの点では安倍首相を責める気にはなれないのです。オバマ氏にも毀誉褒貶がつきまとうことは当然ですが、ともあれ広島を初めて訪れたアメリカの大統領です。仲良く飯を食って何が悪いのか。アメリカ大統領よ、文句があるなら今度は長崎においでなさいというところです。

 アメリカは2度も原子爆弾を我が国に投下し、民間人を無差別に大量虐殺した歴史を負っています。現行憲法は、たかだかその負の遺産に過ぎないことを日本人は忘れてはなりません。

 そして、今も日本の陸海空を守って下さっているのは誰なのか、誰のおかげで戦後日本は平和を享受することができてきたのか、それを断じて忘れてはなりません。
  
posted by 田中ゆうたろう at 11:59| Comment(0) | 日記