2018年06月07日

ならず親に甘い社会が子供を殺す

 先月7日に発生した新潟県新潟市での小学2年生殺人・死体遺棄事件。また岡山県津山市では、平成16年、小学3年生が殺害された事件で、同30日、別の殺人未遂事件で服役していた容疑者が殺人の疑いで逮捕されました。
 犠牲になられたお子さん方のご冥福を祈りつつ、私は先日(6月1日)の区議会一般質問で、防犯について取り上げました。
 区が所有・管理するすべての車両(庁有車・ごみ収集車・区営バス等)へのドライブレコーダー搭載表示や、塀のない区立杉並第十小学校近隣の警備体制強化を求めたところです。
 
 しかし、子供が犠牲となる痛ましい事件は後を絶たず、今度は、目黒区のアパートで今年3月、5歳の女児が父親に殴られた後に死亡した事件で、同区の両親が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されました。

 性犯罪同様、児童虐待についても一刻も早く厳罰化してもらいたいと思います。
 私は率直に言って、この2人には死刑が相当だと思います。


 時あたかも、来月は法務省主唱による「社会を明るくする運動」強調月間・再犯防止啓発月間です。
 現在、私も地域ボランティアの一員として、この運動にご協力いただく各中学校を訪問し、この運動の意義を生徒の前で説明させていただきたく、校長先生にお願いに回っているところです。
 この運動の意義、それは犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域の力を高めることですが、しかし残念ながら、件の2人は、立ち直りもそれを支えることも極めて難しいと思います。

 児童福祉の世界では、こういう事件が発生すると、「悪いのは家父長制だ」と言い出す人がいます。日本では、諸外国に比べて親権が強すぎる、その背景にあるのが家父長制だ、というわけです。
 おかしいでしょう。悪いのは、個人です。今回の例で言えば、件の2人です。こういう一部少数の鬼畜のために家父長制があらぬ汚名を着せられるのは、まったくの冤罪という他ありません。
 ならず者ならぬ「ならず親」に対して、世間が甘すぎるのです。

 たとえば「保育園落ちた、日本死ね」とネット上に垂れ流す「ならず親」がいたら、「そんなに日本が憎いなら日本から出て行け」と最初から堂々と叱り飛ばすべきなのです。
 もっともこの場合は、本当に親かどうかもいまだにわからず、反日左翼の活動家が待機児の親を装って世間の攪乱をはかった可能性さえ否定できないのですが、そんな真偽も不明の「落書き」に攪乱させられてしまう世間の脆さにも問題があるのです。

 ならず親がのさばるのは、家父長制のせいではなく、ならず親に甘すぎる社会の責任です。

posted by 田中ゆうたろう at 21:35| Comment(1) | 日記