2016年02月21日

碧雲荘と桃園川

先日、作家・太宰治が住んだ杉並区天沼3丁目の民家兼アパート「碧雲荘」が、区による取り壊しの危機を免れ、大分県由布市に移築されると報道されました。同市で古民家を生かした旅館を営む経営者が、「地元の活性化になれば」と引き受けたとのことです。
私は碧雲荘を何としてでも保存したいとの考えから、昨年、第4回定例会でこの件を取り上げました。抜粋してご紹介します。

「この建物を何らかの形で現地に残していただきたいと考えますが、区の見解を伺います。建物を完全に残すことができれば、これにこしたことはありませんが、たとえ全面保存が難しくとも、せめて太宰が暮らした2階8畳間の部分だけでも、当該地に建設予定の区立施設内の一画と融合させるなどの工夫を図っていただけないものでしょうか。
古民家を活用した建築物の一例として、阿佐ヶ谷の小劇場、ザムザ阿佐谷を挙げることができます。ほかとは異なる、古民家ならではのぬくもりあふれるこの劇場にちりばめられた知恵を、この碧雲荘保存にも生かせないものでしょうか。
碧雲荘は、壊してしまえば二度と取り返しのつかない貴重な遺産であります。福祉とともに文化へのまなざしも忘れない杉並区の最大限の配慮を要望します。」

この私の一般質問に対する区の答弁は、「碧雲荘の建つ敷地は、国との財産交換に伴う区立施設の整備に必要なため購入したものであり、現地で建物をそのまま保存していくことは難しいと判断をしております。なお、碧雲荘は、先ほどお話がありましたが、太宰治が昭和11年11月から約7カ月間下宿していたとお聞きしておりますので、今後整備する区立施設の中に記念碑などを残すことを検討しております。」という内容でした。

正直、記念碑などでは話にならないと思っていた矢先の、この度の由布市移築の報。
碧雲荘保存に向けて、杉並区として何ら力になれなかったことを口惜しく思うと同時に、移築を引き受けられた由布市旅館経営者の御英断に心より敬意を表します。

文化を守るためには、近くの行政より遠くの篤志家ということでしょうか。

話は変わりますが、ここ数年、我が家に程近い桃園川緑道を散歩することが私の趣味の一つとなっています。
緑道の下にはかつて桃園川という小川が流れていましたが、底が浅いため、大雨の度に洪水になっていました。そこで昭和40年、下水にして上に公園をつくったものが、この桃園川緑道です。下水は桃園川幹線といいます。
縄文の昔から人々の生活とともにあったという小川自体は姿を消しましたが、将軍徳川家光ゆかりの由緒ある桃園の名は、今も緑道に下水に受け継がれて、人々の記憶に刻まれ続けています。
ふと、小倉百人一首の「滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ」という大納言公任の歌を思い出してしまいます。そこで公任にならって私も腰折れを一首。

  桃園の道辺の蓋に耳寄せて在りし川面の夢を見るかな

といった次第で、深夜や早朝、中野や高円寺の行き帰りに、桃園川緑道のあちこちに点在するマンホールにこっそり顔を近づけて、「ザーッ」という地下の音に耳を澄ませながら、私の生まれる前には流れていたという幻の川に思いを馳せることは私ひとりのいささか特殊な趣味かと思っていたのですが、さにあらず、現在発売中の月刊誌『東京人』3月号の特集記事「中央線の魔力」には、「桃園川暗渠さんぽ」と題する一文が寄せられ、決してマニアは私だけではなかったと思い知らされる今日この頃です。

碧雲荘を守れなかった杉並区ですが、隠微な魅力あふれるこの暗渠を、私は当区の往時をしのぶせめてものよすがにしたいと思います。

posted by 田中ゆうたろう at 14:21| Comment(14) | 日記
この記事へのコメント
すごいねこのブログ検索欄の上の方に来てんじゃん
もお有名人だね!!
Posted by at 2016年03月17日 08:04
これコメント1件も来てないじゃん
ってことはそんなに人気がなかったブログですか〜?????
Posted by at 2016年03月17日 08:05
ここの便所スレ比較的綺麗www
Posted by みんなにゆーたろー at 2016年03月17日 08:11

東京都杉並区監査委員は、田中祐太郎区議の2011年度の政務調査費に不適切な支出があったとする住民監査請求の一部を認め、119万3千円を返還させるよう田中良区長に勧告した。勧告は26日付。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/library/file/seimutyousa_kansakekka25_02_2.pdf

    
Posted by at 2016年03月17日 14:32
あなたの愛国心についていきます
Posted by at 2016年03月17日 18:51
うんこ
Posted by at 2016年03月17日 21:38
無能議員から名前売れたね
売名成功
おめでとう(笑)

だが腐ってる議員は、次当選しないでね
Posted by at 2016年03月17日 23:40
便所より全然コメントがきれいすぎてわらうw
残念ながら次は当選しないよ〜仕事なくなったねおつかれwww
Posted by 匿名 at 2016年03月18日 09:48
ぱよぱよち〜ん!    ぱよぱよち〜ん!

「そうだ わたしもAKB48総選挙に出馬しよう! はすみとしこの世界」
「私は幸福の科学はカルトだと思っていない」

わたしは "ネトウヨ" ファンが多いので、センターはゲットできそう。
安倍総理や自民党の方、大川先生も応援してね。

蓮見都志子
幸福実現党
Posted by at 2016年03月23日 16:06
ねぇ、ビックマウス爺!?
いつまで雲隠れしてんの?
なかったことにしようと逃げてもムダだからな。
卑怯者!
人衆に謝罪した下衆議員の方がマシだわw
Posted by ゴールデンシャイニー at 2016年03月28日 00:24
「議員というのは人前で恥をかかせて育てるもんや」(滋賀県議会の吉田清一県議)
Posted by at 2016年03月31日 01:25
保育園落ちたブログ 山田宏・元次世代の党幹事長「生んだのはあなた。育児は親の責任」と発言
産経新聞 3月31日(木)14時13分配信

保育園落ちたブログ 山田宏・元次世代の党幹事長「生んだのはあなた。育児は親の責任」と発言
山田宏・元次世代の党幹事長(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)
 夏の参院選で自民党から比例代表候補として出馬する山田宏・元次世代の党幹事長は31日、党東京都連の会合で、待機児童問題をめぐる「保育園落ちた日本死ね」ブログを「落書き」としたうえで「私にしてみれば、『生んだのはあなたでしょう。(育児は)親の責任でしょ、まずは』と言いたいところだ」と述べた。

 山田氏は会合で、杉並区長時代、区の待機児童問題に多額の費用がかかったことに言及。「行政改革をして、(浮いた)費用で子どもが増える国にしたい」と強調した。

 そのうえで「このようなものをかざして国会で質問しているようでは、野党は駄目だ」とも指摘。親がまず育児の責任をわきまえるよう求め、「そのうえで、きちんと保育園の整備をしていくことが大切だ」と述べた。
Posted by at 2016年03月31日 19:25
大納言公任、「な」の押韻が綺麗で、私も好きな歌です。
桃園川は、中野駅の南側、大久保通りの近くにも橋とか残ってて、川を感じることができますよね。
杉並の北西部には、同じく暗渠の「井草川」があります。上井草スポーツセンターの近くの遊歩道を歩くと、かつての小川の光景を心なしか感じるような気も致します。
現代人の生活利便性と引き換えに暗渠になってしまったかつての小川や、碧雲荘や荻外荘などの歴史的建造物に想いを馳せるのも、時にはいいものだと思います。
あくまでも、時には、ですが。

隣のエントリの炎上を棚に上げ、コメントしました。これぞまさしく「たなか」なり。
笑笑笑笑笑
Posted by 一抹人形 at 2016年04月10日 12:12
桃園川の遊歩道は本当に小川の面影を感じますね。

中野も杉並もかつては農村だったんだなって実感します。
Posted by at 2016年04月19日 17:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: