2016年07月27日

声はかすれ、目はショボショボ、足取りもヨレヨレのくたびれた老爺

報道によれば、前々々都知事は昨日、某党都連が開いた会合に出席し、トリを「売国奴」、ユリを「嘘つき」「大年増の厚化粧」などと呼んだそうです。党が推薦するマスを応援するためだったとのこと。

氏はまず、中国が尖閣諸島に攻め込んだ場合の対応をめぐり、トリが過去に「自衛隊が出動したら人が死ぬ。そんなことだったら尖閣なんか中国にくれてやったらいい」と発言したことについて、「売国奴だ、こいつは」「こんなばかなことを言うやつが東京を代表したり日本人を代表しておこがましいことができるか」と述べた由。

しかし、氏のご長男も、かつて情報番組に出演し、中国は尖閣諸島に「攻めて来ませんよ。誰も住んでないんだから。」と発言。そのあまりのお気楽さにみるみる党員の信頼を失い、ついに党総裁の座を逃したことは記憶に新しいところです。
竹島には誰も住んでいませんでしたが、それでも韓国が攻めて来て、今日まで不法占拠が続いていることなど、小学生でも知っています。

「売国奴だ、こいつは」「こんなばかなことを言うやつが東京を代表したり日本人を代表しておこがましいことができるか」といったお言葉は、他人よりまず、ご長男におっしゃってはいかがでしょうか。

氏の矛先はユリにも向けられたようで、「もう一人、大年増の厚化粧がいる。あの人は嘘つきだ」と述べたとのこと。
待って下さい、ユリは氏より20歳も年下のはず。計算もできないのでしょうか。
ユリを「大年増の厚化粧」と呼ぶなら、さしずめご自分は「声はかすれ、目はショボショボ、足取りもヨレヨレのくたびれた老爺」とでも呼ばれることを覚悟しなければならないでしょう。
保守政治家の雄と目された大物も、息子可愛さのあまり、耄碌してしまわれたようです。

氏は、悲しいかな、出馬会見で「私は昭和15年の生まれです。終戦の時20歳でした。」と述べ、また女性記者からの「候補者の人間性を知りたい」という質問に対して、「そんな難しいこと、ここで聞くの?そんなのはね、2人になった時に聞くもんだね。」と答えたトリと、もはや大差ありません。
計算もできないし、自分がどれだけ女性を蔑視しているかという自覚も全くない。
言うまでもなく、女性の年齢や容姿を公衆の面前であげつらうことは、悪質なセクシャルハラスメント以外の何物でもありません。
これ以上晩節を汚すことなく、トリともども、速やかに退場されることを願います。

最後に、「嘘つき」という言葉は、これまた、まずご長男におっしゃるべきだと思います。
氏が身勝手に都政を放り投げた後、不適格な都知事を二度も都民に推し続け、しかもいまだに一言も謝らない、あの不肖のご長男に。

posted by 田中ゆうたろう at 00:21| Comment(8) | 日記
この記事へのコメント
田中先生のコメントに賛同いたします。
本当にありがとうございます。
Posted by at 2016年07月27日 01:22
「自分がどれだけ女性を蔑視しているかという自覚も全くない」オマエモナー

身勝手に炎上ブログを放り投げた後、不毛な小池片想いブログを7度も区民にごり押し続け、しかもいまだに一言も謝らない、この不肖のゆうたろう。
こんなところでキモい書き込み重ねてないで、早いとこ永福町の駅前あたりで「オイラの推しメンは小池ゆりぴーでーす」ってやってきなさいよ。
陣営から遠慮願われるだろうから!
Posted by at 2016年07月27日 06:41
ノビテル軍団も相当焦ってるな(笑)

てかさ、あそこの番頭が自分の愛人に議員させてるって噂は本当なの?

前まで、まさかって思ってたけど、ここまで自然にセクハラする人たちだから、やっぱ本当なんだろうか。

本当だったらショックだなぁ。
Posted by at 2016年07月27日 09:22
石原のじいさんは、今更田中角栄を持ち上げたり、まじイミフだなー。
てかコメント欄で自演するのまだやってるの?暇なんだね。
Posted by at 2016年07月27日 11:56
>あそこの番頭が自分の愛人に議員させてるって噂は本当なの?

その噂はよく耳にします。
真実であれば民主主義への冒涜以外の何物でもありませんね。
Posted by at 2016年07月27日 16:17
ゆうたろうより先に音喜多が出禁になりそうなw

お仲間の駒崎君は大丈夫か?

Posted by at 2016年07月27日 20:32
宮崎謙介、乙武、荻上チキ、おときた駿、、、みんな駒崎の盟友(?)だもんな。

すごい確率で"おシモ"のスキャンダル発生中(笑)
Posted by at 2016年07月28日 13:45
田中先生、本日いよいよ都知事選挙ですね。
とても楽しみです。
Posted by at 2016年07月31日 03:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: