2016年08月01日

与野党推薦候補惨敗 小池百合子新都知事誕生へ

選挙戦が終わり、小池百合子新都知事が誕生することになりました。
初の女性都知事の誕生を、まずは歓迎したいと思います。

与野党とも、推薦候補者は想像以上の惨敗を喫しました。
双方とも政策に見るべきものがなかったことに加え、与党候補は例の「締め付け文書」や「大年増の厚化粧」発言などなど、人心の機微を解さぬ党都連の作戦がことごとく裏目に出たこと、また野党候補は、「弱い者の味方」を標榜しておきながら、候補者本人の女性問題に足をすくわれたことが大きな敗因でしょう。
つまり小池候補の勝利は、本人の善戦もさることながら、敵失という要素が大きくプラスに働いたのではないかと思います。
新都知事には、このことを忘れて頂きたくありません。今回の圧勝に奢ることなく、清新な都政に突き進んで頂きたいと思います。

与野党候補の政策に見るべきものがなかったことは残念ですが、一方、他の候補者が掲げる政策の中には、優れたものもありました。特に、議員定数削減や五輪利権追放、外国人生活保護の廃止などは、説得力がありました。

小池候補の応援団の中には、「締め付け文書」などものともせず、除名覚悟で参加した与党所属の国会議員や地方議員など、立派な方々が多数おられました。また、今回は保守分裂で、どちらに投票すれば良いか最初わからなかったが、新しい歴史教科書をつくる会が小池候補を支持しているのを見て、安心して小池候補を選ぶことができたという方々も大勢おられました。
一方、強姦疑惑が報じられるなど、正体不明の怪しげな連中も図々しく陣営に紛れ込んでいました。

新都知事には、これらの点も併せて心に留めて頂きたいと思います。

さて、報道によれば、野党候補擁立の責任者は、投開票前日に突如、9月の党代表選への不出馬を表明。党内では「敵前逃亡」などと怒りが渦巻き、責任のなすり合いが起きているそうです。
一方、与党候補擁立の責任者は、候補者事務所で敗戦の弁を述べただけで、これまた早々に「逃走中」との由。保守分裂を招き、多くの党支援者から見放されたことを、今頃どう受け止めているのでしょうか。
初当選以来、ずっと支援してきたというある杉並区民は、「今回、初めてあの人を裏切る。だって、小池さんはあの人がセシオン杉並で演説会をやった時、忙しい中わざわざ駆け付けてくれたのよ。義理人情を忘れたら、人間じゃない。あの人は、最近顔つきが変わってきてしまった」と、私に語って下さいました。
このような言葉を天の声と受け止め、今回の責任をどう取るか、あるいは取らせるか、注目したいと思います。
何はともあれ、一首。

 東京は草木も生えぬ石原に ユリの花咲く朝は来にけり

posted by 田中ゆうたろう at 09:36| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
確かに今回はつくる会の支援がボディブローのように効きましたね。
Posted by at 2016年08月01日 15:01
田中ゆうたろう先生の最後の一句

とても美しく聴こえました。

大変勉強になります。
ありがとうございます。
Posted by at 2016年08月05日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: