2016年08月15日

終戦の日に思う

天皇の歴史は125代の長きにわたります。
さすがに125代だけあって、中にはとてもユニークな方もいらっしゃいました。

奈良時代末期の女帝・称徳天皇などは、その最たる例といえるでしょう。
何しろ、ご自分が寵愛する怪僧・弓削道鏡に皇位を譲ろうとなさったのです。
もちろん、道鏡は皇族でも何でもありません。
あと一歩のところで、皇室は弓削氏に乗っ取られるところだったのです。
幸い、忠臣・和気清麻呂やその姉・広虫らの活躍で、この乗っ取りは未然に阻止されました。が、これを憎んだ天皇は、清麻呂を穢麻呂(きたなまろ)、広虫を狭虫(さむし)と改名したあげく、二人を遠国に配流なさっています。
天皇の崩御後、道鏡は失脚する一方、清麻呂も広虫も帰洛を許され、名誉を回復しましたが、彼らの活躍がなければ、皇室は奈良時代で途絶えていたかもしれないのです。

こうした実例を見れば、天皇だからといって、全てが全て名君ばかりでいらしたわけではないことがわかります。
敬うべきは125代、2676年にわたる歴史であると私は思います。

何事によらず、やみくもに「正しい」「ご立派だ」などと決めつけることが、必ずしも正解とは限らない。
思考を停止すべきではありません。

posted by 田中ゆうたろう at 23:52| Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
「温故知新」
大事なのは将来を見ることだよ。
125代に固執して思考を止めてるのはどっちだい、えせ保守議員。
Posted by at 2016年08月16日 07:36
今上が本当に国民と家族を大切に思うなら、皇太子よりも長生きしていただきたい。

引きこもりの皇后を誕生させるなんて、国民をバカにしています。
Posted by こきたな麿 at 2016年08月16日 10:17
今上への評価の仕方で、真性保守かタダの天皇カルトか、リトマス紙になっていますね(笑)

「王様の耳はロバの耳」と「今上はサヨクだー」は今や同義ですね。
Posted by at 2016年08月16日 18:29
残念ですが、平成には忠臣・和気清麻呂やその姉・広虫のような存在がありません。
自愛妖怪が、これまで諫言した忠臣を切り捨ててきたからです。
今回の人間未満宣言も、バイニングの教育とアーメンの嫁が遠因でしょう。
本当に追悼する気持ちがあれば、あの席で「深い反省」など出てこないはずですが
日ごろから日本の加害の歴史だけをことさら強調するのは何か政治的目的があるのでしょうか。
シナ朝鮮を利するだけの存在に成り果てています。
日本のためにならない内廷皇族は、京都にお帰り頂くのがいいと思います。
Posted by 三毛猫 at 2016年08月17日 08:03
残念なことに東宮妃の実家は一家総出で創価学会。

この国が右傾化しようが左傾化しようが多少なら大目に見る。

創価学会に乗っ取られるのだけは勘弁してほしい
Posted by at 2016年08月18日 00:07
田中ゆうたろう先生、大変貴重なご意見ありがとうございました。
またご皇族のユニークな歴史も垣間見ることができ楽しく思います。

私たちは、自分たちに置かれる環境の中で、一時の感情で右往左往してしまいますが、
未来永劫に安泰で存続させていくことを考えると、じっくり考えないといけないですね。

ご意見ありがとうございます。
Posted by at 2016年08月21日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: