2017年02月15日

神奈川県小田原市の一連の騒動をめぐって

 神奈川県小田原市の生活保護を担当する職員らが、「私達をだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはならず者だ」と不正受給を批判する内容の英文が記載されたジャンパーを着て仕事をしていたことが問題になっています。
 同市では平成19年、生活保護費の支給を打ち切られた男が、市職員3人を負傷させる事件がありました。市によると、当時の生活保護担当職員らが事件後、不正受給は許さないとのメッセージを盛り込んでこのジャンパーを作ったそうで、その後、担当となった職員らが自費で購入したとのことです。
 
 しかしいったい、不正受給を批判して何がいけないのでしょうか。「生活保護受給者はならず者だ」と書いてあるなら確かに大問題ですが、そうではありません。「不正によって利益を得ようとするなら」と、あくまでも不正受給に限って批判しているに過ぎません。
 生活保護は、本当に生活に困っている方々のためにこそ存在するものです。
 それを不正受給しようなどとは、まさしくならず者以外の何者でもないではありませんか。それを、ここぞとばかり叩いていい気になっているマスコミや活動家らも同じくならず者ですし、残念ながら先日来、杉並区議会で同市をやり玉に挙げている他会派や他議員もまた、同様のそしりを免れないでしょう。
 
 私は、こういう人々が往々にして「弱者の味方」を標榜しつつ、実は自分自身が弱者を痛めつける側に周っている偽善を、どうしても許すことができません。
 得意げに職員を責める前に、一度、自分達も受付窓口に立ち、支給を強要する暴漢に杖で殴られナイフで切り付けられるところを想像してみたらいかがでしょうか。
 「弱者の味方」は必要ですが、願わくば、我が杉並区には偽物ではなく本物のそれであって頂きたいと切に願います。

posted by 田中ゆうたろう at 22:02| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
生活保護を 不正受給している,させていることは真面目に働き納税している日本国民へのうらぎりです。どうしたら不正を阻止出来るかを区はもっとしっかりやって欲しい。そのために区民は何をすればよいか。不法入国、滞在には入国管理事務所への通報制度があります。生活保護不正受給にもそういう制度が必要ではないでしょうか? 近所の人が怒って言うには、いつも近くのレストランで外食しているまだ30代の働ける若者が杉並区で生活保護で暮らしている。けしからん。そいつは静岡県で両親と生活していたが静岡県では生活保護が貰えないから杉並区に来て遊んで暮らしている。と。そういう若者に生活保護を出す杉並区は舐められているんだ そういう人に生活保護を出すように区役所の窓口に口添えする区議にはもっと怒りを感じる。窓口で脅しをかける暴力団は警察に通報してください。
小田原市の生活保護担当者にh頑張れとに主人はメールを書きましたよ。普通の国民はそう思っています。
Posted by M.T at 2017年02月17日 10:50
Posted by たなかあやの at 2017年02月18日 11:28
田中ゆうたろう先生、ブログ拝見させていただきました。
先生のお言葉を聴くたびに、
何が正義で何が悪なのかよくわかります。
田中ゆうたろう先生、いつも杉並区の活動、またお国が良くなるための活動ありがとうございます。
Posted by at 2017年02月18日 14:24
うん。不正受給は犯罪だもんね。

サヨクが小田原市を叩いてるのは、性犯罪の被害者に対して、「隙がある方が悪い」って言うのと同じだよ。

最近のサヨクは、イデオロギーが正義感に勝ってしまって、非常に見苦しい。
Posted by at 2017年02月20日 07:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: