2017年04月25日

子供たちが安心して幸せな生活を送れる社会を築くために

 先日、無事子供さんが産まれたばかりの親御さんから、「子供たちが安心して幸せな生活を送れるような社会を期待したい」とのお声を頂きました。心よりお祝い申し上げるとともに、杉並区はそのような社会をいまだ実現できていないことに、忸怩の念を抱きます。

 拙速な待機児ゼロ達成を区内外に確約するあまり、利用率の高い区立公園をつぶすという暴挙にまで及んだ、田中良・杉並区長による「待機児童解消緊急対策」。
 地元住民の理解も得られぬまま押し進めたにもかかわらず、その約束に反して、今月18日現在、待機児ゼロは達成できていないことがわかりました。
 そのような状況の中、何と杉並区は、限りある貴重な区有地に、30名程度の保育所を作れるにもかかわらず、かわりにビーチコートを建設しようとしているのです。

 今月17日に開かれた総務財政委員会で、「旧永福南小跡地のビーチバレーコート建設計画に関する陳情」が取り上げられ、私は本陳情を採択すべきとの立場から区に質疑を重ねました。しかし、残念ながら多数決により、不採択との結論に至ってしまいました。
 待機児童の解消は、児童福祉法によって区に明確に義務付けられています。一方、ビーチコートの建設を区に義務付ける法律など、何ら存在しません。区は、ビーチコート建設を「杉並区議会スポーツ振興議員連盟(以下、スポーツ議連)」の要望ゆえと称しています。

 が、この議連の実態は、「杉並区議会自由民主党」「杉並区議会公明党」「区民フォーラムみらい(民進党系)」、及び「いのち・平和クラブ(生活者ネットワーク、社民党など革新系)」の一部からなる、杉並区議会議員48名中6割程度に過ぎないことが、先月行われた第1回定例会予算特別委員会での私の質疑から明らかになっています。 

 議会の総意でも何でもない、この「スポーツ議連」の自己満足とも呼ぶべき要望を、杉並区は、待機児解消という法的義務よりも優先しようというのです。そしてその根拠は、総務財政委員会での質疑を通じ、ついに明らかにされることはありませんでした。

 公園をつぶしてまで急いでいるはずの待機児解消が、なぜ、ビーチコートの前には突然トーンダウンしてしまうのか。スポーツ振興に名を借りた隠然たる圧力は杉並区議会にも存在して、区の財産を私物化しているからです。区は、ビーチコートなど作っている場合ではありません。永福及び周辺地域は、保育所がまだまだ不足しているのです。
 各行政需要に対する区の優先順位の不確かさは、いっこうに改善の兆しが見えません。
 また、区は「ビーチコート建設には地域のニーズもある」などと、これまた根拠を示さずに説明するのです。「地域のニーズ」と言うなら、まずは本陳情のような、正規の手続きを踏んで区議会に出された区民の確かな声こそ、最も尊重されなければならないはずです。

 「子供たちが安心して幸せな生活を送れるような社会」から杉並区を遠ざけている、「スポーツ議連」と田中良・杉並区長。さしずめ、近い将来に迫った各級選挙において、彼らの支援する議員候補など、到底信用することはできないでしょう。

posted by 田中ゆうたろう at 13:01| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
田中ゆうたろう先生

ブログの更新ありがとうございます。
また私の次女誕生のお祝いのお言葉までいただき、大変もったいなく思うとともに、
歓喜歓喜の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

杉並区長の「待機児童解消緊急対策」…民衆に対してのカタチだけのパフォーマンスで支持を得ながら、結局は多数決でビーチコート建設…。ましてや児童福祉法よりもビーチコート建設を優先してしまう…自分たちの自己満足だけで進めてしまう…。
民衆としては残念でならないです。

先生のお姿とお考えは、とても温かく感じます。自己満足ばかりの冷たい心では杉並区ばかりか日本全体が冷たい心になってしまいます。
ひとりでも多くの方々が先生のお姿とお考えに目を向けていただき、民衆の代弁者である議員の方々がまずは少しでも真の温かい心を持って政治ができるようになることを願いたいものです。

先生の勇気ある正義の姿勢と、民衆の幸せを真剣に考えてくださってる温かい心が、
一人一人に届いていくことで、子供たちが安心して幸せな生活を送れる社会になると信じています。

田中ゆうたろう先生、本当にいつもありがとうございます。
Posted by at 2017年04月25日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: