2018年10月22日

阿佐ヶ谷北東地区まちづくりの取組に、「水と緑」の視点を

 本日、第185回杉並区都市計画審議会が区役所で開かれ、私も委員として出席しました。
 
 阿佐ヶ谷北東地区まちづくりの取組について、
 
 「けやき屋敷の西側や南側のみならず、東側にも阿佐谷弁天という歴史がある。現在、水は枯れてしまっているが、井戸を掘って往時の池を取り戻したいといった地元の方々のお声も聞き及ぶ。水路を活用した遊歩道ネットワークと繋げ、水と緑のまちづくりという視点も持ち合わせてはどうか」

 と問題提起させて頂きました。

20181022tosikeikaku.jpg 

20181022tosikeikaku2.jpg

20181022tosikeikaku3.jpg
(↑写真は本日の杉並区都市計画審議会配布資料より)

 阿佐ヶ谷はもともと「浅い谷」という意味だったようです。
 水害対策の必要性は言うまでもありませんが、縄文時代にまでさかのぼるというこの土地の歴史を踏まえ、目に見えない部分を次世代に繋いでゆく、そんなまちづくりを求めて行きます。

20181022tosikeikaku4.jpg

20181022tosikeikaku5.jpg
(↑写真は20日、阿佐ヶ谷地域区民センターで開かれた阿佐ヶ谷北東地区まちづくりオープンハウス掲示資料より)

 今年の8月、杉並区立郷土博物館分館に、パネル展「荻窪の古老が描いた記憶画からみた杉並」を見に行きました。その際、「阿佐ヶ谷弁天池」についても紹介されており、興味深く見学したのですが、そこでの勉強が役立つ結果となりました。

20181022tosikeikaku6.jpg
(↑写真は8月26日、杉並区立郷土博物館分館にて)

 これからも、阿佐ヶ谷北東地区のまちづくりについて、議会でも発言して行きたいと思います。

posted by 田中ゆうたろう at 22:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: