2018年12月17日

杉並区と河北健診クリニックは、人命の重みを理解せよ

 杉並区総合計画・実行計画(平成31〜33年度)改定に伴う杉並区議会全員協議会(今月4日)で、私は、「今回の区民健診でのがん見落としを踏まえての記載内容修正が不十分」と指摘しました。

 杉並区の肺がん健診では、今年6月に40代女性ががん見落としにより逝去、その後70代男性が肺がんと診断されたことが9月に発覚しました。さらに11月の区長会見によれば、新たに70代男性が肺がんと診断され、60〜70代の男女3人に肺がんの疑いがあると、医療機関(河北健診クリニック)から区に報告があったとのこと。また、診断された男性のステージや3人の受診経過などは明らかになっていないとのこと。
 田中良区長は「再三わたってクリニックに報告を求めているが、はっきりとした情報提供に至っておらず、個人的にももどかしさを感じている」とクリニックへの不満を漏らしていますが、もとより個人的なもどかしさで済まされる話ではありません。

 区は責任者として当事者意識を持ち、医療機関への指導監督を徹底しなければなりません。が、改定された総合計画・実行計画に、そうした文言は見当たらず、「この程度の修正ではまったく安心できないのでは?」と全員協議会で厳しく糺したところです。

 私の質疑に対し、区からは「疑いのある3人については、河北から他の医療機関にうつって受診され、なかなか情報が得られなかった。区としては、実は2週間ほど前お手紙も差し上げ、今の状況をお聞きしているが、残念ながら3人からご返事がない状況。
 その後の河北からの情報により、1人はがんであることが確実、もう1人も他の医療機関でがんと診断され、もう1人は12月にもう一度国立がん研究センターで検査すると聞いている」
との答弁(杉並保健所長)がありました。

 この答弁を見ても、区の医療機関への指導監督が不十分であることはいよいよ明らかでしょう。杉並区も、河北健診クリニックも、人命の重み、尊さを理解していません。

 今月14日の朝日・産経・東京・日経・読売の主要5紙は、杉並区の肺がん見落とし問題で特別調査委員会が報告書を公表、院内の読影体制や検診制度に問題があると指摘したことを報じています。
 問題は杉並区に当事者意識が不足しており、医療機関(河北健診クリニック)への指導監督がいまだに徹底されていない点にあることを、重ねて指摘しておきます。

posted by 田中ゆうたろう at 15:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: