2018年07月26日

「異性と結婚したい性的少数者」支援を考えるべき

 新杉並区長が誕生しました。
 他の候補者を応援していた私としては、残念な結果に。が、それはそれとして受け止めつつ、新区政に対してもこれまで同様、是は是、非は非とキッパリゆうたろう!の覚悟です。
 投票に足をお運び下さった杉並区民の皆様にこの場を借りて深謝申し上げます。
 しかし32%とは…前回区長選から微増とはいえ…投票率、もう少し伸びて欲しかったと思います。

36236632_1420678458077421_1127642293470232576_n.jpg
 
 さて、今月23日の朝日新聞デジタルによると、自民党の杉田水脈衆院議員が月刊誌への寄稿で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」と行政による支援を疑問視し、人権意識を欠いた記述だと批判が上がっているとのこと。

 杉田氏は敬意を表すべき政治家ですが、今回のご発言はちょっと頂けません。
 子供を授かるかどうかは天の差配。作るとか生産とかいう言葉は、私が言うのもなんですが、品がありません。
 自民党に行ってしまって、あたら語彙力が落ちてしまわれたのかしら。

 朝日新聞なんかの結論は完全に無視して良いのですが、世間には子供がいないご夫婦もおられます。子供を授かる望みがないからという理由で、行政の度を越した「LGBT」(私はこの言葉、大嫌いなのですが。血液型じゃないんだから。)支援を叩くのは、そういうご夫婦への配慮を欠くと思います。

 日本は大昔から同性愛・両性愛に寛容でした。光源氏しかり、弥次さん喜多さんしかり。そういう人々を、むち打ちやはりつけにしてきた残酷な外国とは違うのです。
 人権意識が芽生えた今頃になって、罪滅ぼしのつもりで慌てて「LGBT」支援を打ち出し始めた、そういう外国の真似をする必要なんか、もともとないのです。杉田氏は、そうおっしゃれば良かったのではないでしょうか?
 でも、ここで一つだけ、杉田氏の援護射撃をさせて頂くと…。

 杉田氏の「『常識』や『普通であること』を見失っていく社会は『秩序』がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません」とのご主張、これはその通りだと思います。
 たとえば三代将軍・徳川家光などは大の男色家だったのに、ある時コロッと女性に目覚めて、結局、お世継ぎをはじめたくさんの子供を授かりました。もし江戸時代に同性婚制度があったら、家光は男の大奥を作り、家光の代でその血筋は途絶えていたでしょう。そんなものがなかったから、家光の血筋が七代将軍まで続いた。今でも家光の御子孫はおられる(何と、天皇陛下も)。めでたしめでたし。世の中、そういうこともあります。
 家光のみならず、「少子化」これは現代日本が抱える最大の国難です。
 要するに、「LGBT」支援なんかより、「異性と結婚したい性的少数者」支援を考えるべきではないでしょうか?

 杉田氏の発言に乗じて、左派が勢いづいています。
 確かに、氏の今回の物言いのまずさは否定できませんが、その発言は、あくまでも性的少数者に向けられたものであって、それ以外の人々に向けられたものではありません。
 なぜ、突如として、乙武洋匡氏がさも自分も被害者のような顔をして、得々と杉田氏批判を展開しているのでしょう?
 日刊スポーツなんかさらに無視して良いという話もありますが、やっぱり看過できません。
 第一、この方は数年前、それこそ「生産性」があり過ぎて女性問題を引き起こし、参院選への出馬断念を余儀なくされたばかりではありませんか。
 この方は逆の意味で、排除されてもやむを得ない。
 かつて講師を務めた杉並第四小学校関係者に早く謝罪しなさい。

 女性問題を起こしてしばらく身を潜めていたはずが、このところ妙に活発に発言を再開している乙武氏。みそぎは済んだとでも思っているのでしょうか。
 こんな弱者もどきの好色漢が自民党から国政に出ようとしていたのですから、恐ろしい話です。

posted by 田中ゆうたろう at 00:41| Comment(11) | 日記

2018年06月23日

杉並区長選、明日は投票日。ぜひ、木梨もりよし候補に新しい杉並区政の舵取りを!

 杉並区長選もいよいよ佳境。
 写真中央は事務所が公安の家宅捜索を受けた元中核派の現職区議。
 左は長男が強姦の疑いで逮捕された自民党の元区議。
 警察に縁の深い左右両翼の応援弁士を従え、得意絶頂、現職区長が氏名大書のノボリ2本を背に絶叫の図。
 このノボリ、公職選挙法142・143両条に抵触の可能性大、むべなるかな。
 昨日夕刻、方南町駅頭の怪光景。

20180622kutyousen.jpg

 区長選、やはりクリーンな方を選びたいものです。
 このところ立て続けにマスコミを賑わせてしまった、現職区長の政治とお金の問題。
 区議会で先頭に立ってこの問題を追及してきた木梨もりよし候補を、私は心から応援しています。
 木梨さんに頼まれたわけでもなく、また木梨さんの許しを得たわけでもありません。
 政策・人柄、ともに信頼できる稀有な候補者である木梨さんを、勝手に応援しています。
 日本のよき歴史と伝統を生かした日本型福祉社会への道と、徹底した行財政改革を力強く宣言される木梨さん。ぜひ、木梨候補に新しい杉並区政の舵取りを託したいと思います。
 木梨さんのHPをお知らせします。
 https://kinashi-moriyoshi.com/

safe_image.png

 さて、今月19日、静岡県藤枝市の小学生男児が頭を切られ重傷を負い、学校侵入容疑で少年が逮捕されました。
 その不安も冷めやらぬ21日午後、今度は福岡県久留米市の小学校運動場に男が侵入、小学生女児の顔を殴り、警察官に取り押さえられるという事件が発生。
 杉並区でも、隣接する区立蚕糸の森公園と一体化しているために塀のない、区立杉並第十小学校への侵入防止策の問題があります。藤枝市や久留米市での事件を見るにつけ、区の現状認識はまだまだ甘いと痛感せざるを得ません。
 私はこの問題を繰り返し議会で取り上げて来ましたが、本来であれば、塀に匹敵するだけの十分な警備体制が必要なはずです。
 さっそく21日、杉十小への侵入防止策のさらなる強化を区に要望しました。

 
IMG_20180622_171803.jpg

IMG_20180622_171646.jpg

IMG_20180622_171148.jpg

IMG_20180622_171121.jpg

IMG_20180622_170928.jpg

 新区長には、迅速に取り組んで頂きたい問題の一つです。
 皆様、選挙にはぜひ行きましょう。投票日は明日。期日前投票もおすすめです。

posted by 田中ゆうたろう at 16:46| Comment(1) | 日記

2018年06月17日

杉並区長選挙、始まる。私は木梨もりよし候補を応援します!

 杉並区長選挙が始まりました。私は胸を張って杉並区議会の大先輩、木梨もりよし候補をおすすめします。

 木梨さんに頼まれたわけでもなく、また木梨さんの許しを得たわけでもありません。勝手に応援しています。
 先ほど、浜田山駅にて木梨さんの第一声を聞き届けて来ました。
 日本のよき歴史と伝統を生かした日本型福祉社会への道を熱く説き、田中良・現職区長による政治腐敗と区政の私物化からの決別、そして少子高齢化に備え、徹底した行財政改革を力強く宣言された木梨さん。政策においても人柄においても信頼できる、稀有な候補者です。

 なお、自民党杉並総支部は、ついに今回の杉並区長選挙で独自候補の擁立に失敗。総支部長である石原伸晃代議士事務所に連絡しても、「今回は公認候補も推薦候補もおりません。自主投票にお任せします」という至って無責任な返事が返ってきます。

 菅直人氏や細野豪志氏、立憲民主党や社民党や生活者ネットワークや中核派の区議会議員ら左派勢力と仲良く徒党を組んで、現職区長支持を早々に口走っていたはずの石原氏。あれは一体、何だったのでしょう?

 先細りを続ける自身の政治生命維持のために現職区長に恩を売らないわけにも行かず、さりとて元民主党、革新系の現職区長支持を公に明言して杉並の保守層をこれ以上怒らせるわけにも行かず、とうとう進退窮まってコウモリを決め込んだというところでしょうか。
 その姑息、その卑怯、皆様、とりあえず笑いましょう。

 親の七光りで総理大臣になることしか頭になく、地元にまったく興味のない石原氏。「胃瘻患者はエイリアン」「尖閣諸島には誰も攻めてこない、誰も住んでないんだから」「福島第一サティアン」「最後は金目」…
 氏の心ない失言の度に満天下に恥をかかされてきた杉並区民。いよいよ積年の怒りを行動で表す好機が到来しました。

 木梨さんに一票を投じましょう。そして、一人でも多くの杉並区民に声を掛け合いましょう。
 今回の区長選は、巨悪・石原伸晃代議士との戦いでもあるのです。

 木梨さんは、区立劇場である座・高円寺の問題についても議会で鋭く追及して来られました。過激な左翼思想のプロパガンダ演劇の上演も目立つ1階ホール。区民のためになっていることを示す客観データは皆無です。この劇場に、年間3億5千万円の血税が垂れ流されているのですから、抜本的な見直しが必要なことは明らかです。木梨さんにはぜひ、問題の多いこの劇場をはじめ、あらゆる税金の無駄遣いに区長としてメスを入れて頂きたいと切望します。
 そうすれば、昨年まで値上げに踏み切ってきた区立施設使用料についても、今一度再考の余地が生じるかも知れません。

 今回の選挙、「誰もいないから一番マシなのに入れるか」といった消極的な選択では決してありません。心から応援できる候補者がいる、やりがいのある戦いです。
 杉並区民の皆様、頑張りましょう。木梨さんのHPをお知らせします。https://kinashi-moriyoshi.com/
 我がまち杉並のため、ぜひ、木梨さん応援の輪を広げましょう!

posted by 田中ゆうたろう at 15:34| Comment(1) | 日記