2017年02月15日

神奈川県小田原市の一連の騒動をめぐって

 神奈川県小田原市の生活保護を担当する職員らが、「私達をだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはならず者だ」と不正受給を批判する内容の英文が記載されたジャンパーを着て仕事をしていたことが問題になっています。
 同市では平成19年、生活保護費の支給を打ち切られた男が、市職員3人を負傷させる事件がありました。市によると、当時の生活保護担当職員らが事件後、不正受給は許さないとのメッセージを盛り込んでこのジャンパーを作ったそうで、その後、担当となった職員らが自費で購入したとのことです。
 
 しかしいったい、不正受給を批判して何がいけないのでしょうか。「生活保護受給者はならず者だ」と書いてあるなら確かに大問題ですが、そうではありません。「不正によって利益を得ようとするなら」と、あくまでも不正受給に限って批判しているに過ぎません。
 生活保護は、本当に生活に困っている方々のためにこそ存在するものです。
 それを不正受給しようなどとは、まさしくならず者以外の何者でもないではありませんか。それを、ここぞとばかり叩いていい気になっているマスコミや活動家らも同じくならず者ですし、残念ながら先日来、杉並区議会で同市をやり玉に挙げている他会派や他議員もまた、同様のそしりを免れないでしょう。
 
 私は、こういう人々が往々にして「弱者の味方」を標榜しつつ、実は自分自身が弱者を痛めつける側に周っている偽善を、どうしても許すことができません。
 得意げに職員を責める前に、一度、自分達も受付窓口に立ち、支給を強要する暴漢に杖で殴られナイフで切り付けられるところを想像してみたらいかがでしょうか。
 「弱者の味方」は必要ですが、願わくば、我が杉並区には偽物ではなく本物のそれであって頂きたいと切に願います。

posted by 田中ゆうたろう at 22:02| Comment(4) | 日記

2017年01月12日

他国と交わした約束さえ守れない国家の民度を象徴した像

20140502慰安婦像とゆうたろう.JPG

碑文には「早く人間になりたい」とでもしたためられているのでしょうか。

今年も課題山積ですが、国のため故郷のため力を尽くして参ります。

posted by 田中ゆうたろう at 19:59| Comment(6) | 日記

2016年12月06日

「ついてねえんだからついてないって言えよ」

 早くも師走を迎えましたが、思えば今年の杉並区政には多くの疑問が残りました。
 「外国人参政権を是とし都知事選に大敗した増田寛也氏の区顧問就任」「区長・区議団の理不尽な韓国訪問」…
 それら失策の中でとりわけ重大なものが、「待機児ゼロを拙速に目指すあまりの区立公園つぶし」でした。
 先日の総務財政委員会において、区立久我山東原公園の代替地について概略以下のような質問を行い、区の答弁を得ましたので、ご紹介します。

田中ゆうたろう:
先ほどの議論に出ておりました久我山東原公園の代替地について、今、全力で探しているという旨の答弁があったかと思いますが、目途はついているんですか。

保育施設整備推進担当課長:
目途はついているところでございますので、その件につきまして調整を行って…(区長、「ついてねえよ」「ついてねえんだからついてないって言えよ」と不規則発言。これを受け答弁を修正)すいません、確定した物件はございませんが、区としては鋭意調整をしているところでございます。

田中ゆうたろう:
6月6日の保健福祉委員会で、「久我山東原公園への保育施設建設計画」の見直しに関する陳情が審査された時には、議員の皆さんは「代替地はきちんと確保した上で進めてほしい」ということをどなたもおっしゃってるはずなんですよ。それが12月になろうとしている段階で、まだ全然目途が立っていないというのは、これはいかがなものかと思うんですが、重ねて答弁を頂きたいと思います。

区長:
お言葉ですけれども、全力を尽くして代替地については探しております。そもそもああいう形で公園の一部を保育園に転用せざるを得ないぐらい、用地確保が困難な地域だということをつくづく感じております。もう一つは、ある程度代替地としてご提供頂けそうな、あるいは確保できる期待があるような話は今までも複数ありましたけれども、どなたがということは申し上げませんけれども、そういう用地確保について区に協力をしないでくれと言って回っている人がどうもいるようでございまして、うっかりここと交渉しているというようなことは、とても言えない状況であるということをご理解頂きたい。確定するまでこれは公にできないというぐらいの話だと私自身は思っております。

田中ゆうたろう:
今ご答弁頂きましたけれども、代替地を欲している側からすれば一日千秋の思いで待っておられるわけですから、一日も早くと改めてお願いします。けれども、区民への説明の際に、目途くらい立っているかのような印象を与える表現は逆効果です。きちんと言うべきことは言って、逆効果のような言葉は控えて頂くよう要望します。(中略)久我山東原公園の代替地につきましては、学校校庭解放の時間延長を含めて速やかに目途を立て、一日も早く近隣住民の要望に応えるよう、重ねて要望します。

 概略以上のような質問を行い、区の答弁を得ました。
 つまり、公園代替地について、今なおまったく目途が立っていないことが白日の下にさらされたわけです。しかも、区の失態を、地元住民になすり付けるという厚かましさには驚くばかりです。
 区は6月6日の保健福祉委員会で、公園代替地に関し、「一定程度目途が立っている」と答弁したはずです。
 久我山東原公園の保育所転用がいかに無計画な失敗だったか、このことからもわかります。

 確かに待機児童の解消は自治体の責務です。しかし、だからと言って、何をやっても許されるというわけではありません。
 昨今、待機児解消を謳いさえすれば、どのような暴言や暴挙も許されると勘違いしている評論家やマスコミ、またそれに踊らされる政治家があとを絶ちませんが、人心からかけ離れた愚の骨頂であり、杉並区長とそれを翼賛する区議会議員らもまたそのそしりを免れないでしょう。

posted by 田中ゆうたろう at 11:45| Comment(5) | 日記