2017年05月01日

綸言汗の如し

「綸言汗の如し」という格言があります。「君主が一度口にした言葉は、訂正したり取り消したりすることができない」という意味です。
 さて、君主というほどご立派な方かどうかは知りませんが、民進党を離党した前区議の某氏が、先日、ネット上で次のような発言を行いました。引用します。

「戦争は政府が外交努力を怠った愚の骨頂!安倍総理は北朝鮮ミサイル『サリン弾頭可能』と挑発。末期症状の政権延命の為に内政問題から目を逸らそうと戦争を起こし国民の命を危険に晒す事は許されない。アメリカを煽るのでは無く、世界唯一の戦争被爆国として平和外交を訴える責任が日本にはある!」

 某氏は、今夏の都議選にも、都議会自民党の対抗勢力の一員として出馬されるそうです。

 私は、昨夏の都知事選において、小池百合子候補に一票を投じました。会長だった石原伸晃氏、また今も最高顧問であり続ける深谷隆司氏らに牛耳られる自民党東京都連。そのおぞましいまでの腐敗ぶりに嫌気がさしたためです。あの膿の臭いは、嗅いだ者にしかわかりません。私は、かつて自民党東京都連に籍を置き、その臭いを嗅ぎ尽した一員です。

 自民党東京都連が、いかに凄まじく腐り果てているか。それは、彼らが都知事選に増田寛也候補を擁立したことからも明らかでしょう。増田氏は、外国人参政権を是としていた人物ではありませんか。外国人参政権に反対の意思を明示している小池氏の他に、有力候補の中で選択肢はなかった。小池氏に票を投じたことは、今でも間違っていたとは思いません。

 小池氏は、やはりあの自民党東京都連の膿の臭いを嗅ぎ尽しておられるはずです。氏には、徹底的にその膿を出し切って頂きたい。そう、切に願っているのです。
 しかし、だからと言って、今夏の都議選における都議会自民党の対抗勢力を手放しで信頼できるかと言えば、事はそれほど単純ではありません。
 その理由を極めて象徴的に物語るのが、先に紹介した前区議・某氏のごとき存在です。
 その極左じみたネット上での発言はすでに削除されたようですが、綸言汗の如し。

 私はこれまで、市場移転反対論は必ずしも共産党や生活者ネットワークら革新勢力の専売特許ではなく、実は都議会自民党、とりわけ保守政治家とされる議員の一部からも唱えられてきたことを、このブログでご紹介してきました。知事が移転問題に多くの時間と手間暇をかけていることにも、一定の理解を示してきました。

 しかし、都議会自民党の対抗勢力については、政策も、予定候補の最終的な顔ぶれも、いまだ明らかではありません。都知事選直後にもこのブログで書いた通り、小池陣営には正体不明の怪しげな連中も図々しく紛れ込んでいます。
 一人一人を、よく見極めねばなりません。

posted by 田中ゆうたろう at 12:59| Comment(5) | 日記

2017年04月30日

「高円寺びっくり大道芸」から学べ

 昨日から今日まで、「高円寺びっくり大道芸」が開催されています。
 高円寺の町全体が大道芸の会場と化すこの一大イベント、今年で第9回を迎えました。総合プロデューサー橋本隆雄氏のご挨拶の中に、「高円寺は、雑然としたなかに、クリエイティブなエネルギーが満ちており、大道芸との相性が非常に良い街です」(公式パンフレットより)との文章がありましたが、まさしくその通りだと思います。
 その、雑然としたなかに満ちたクリエイティブなエネルギーの正体とは、一体何なのか?
 それが、この数年の私の一大関心事です。
 私は今、高円寺のお隣にある和田3丁目という町に住んでいます。かつては高円寺の一部(旧高円寺2丁目)だったが、今では和田の一部ということになっている(昭和38〜44年までに行われた住居表示のため)、いささか珍しい地域です。
 氏神も高円寺天祖神社です。
 私の生家は和田1丁目にあり、和田1丁目を含む旧和田本町の氏神は大宮八幡宮です。ややこしいのですが、和田の氏神と言えばふつう、大宮八幡宮を指すものの、和田の一部の氏神は高円寺天祖神社になるわけです。
 高円寺という町に対して、我が町であり、隣町でもある。そういう二つの意識が同居せざるを得ない、ある意味絶妙な距離感。
 そういう距離感からこの数年、私は高円寺という町を体験したり観察したりしてきました。そして、この町の持つ「文化のブラックホール」とも呼ぶべき性格、阿波おどりから大道芸まで何でも吸い込んでしまうその謎めいた懐の深さに、いつも驚いています。
 いつか、都市民俗学的な視点から、この謎が解きほぐされる日を楽しみにしているのです。

 私は、この地を東西に横断する桃園川という暗渠(前回の東京オリンピックの頃に下水化された、かつての小川)に、その謎を解くためのカギが隠されているような気がしています。

 昨日、私が高円寺で出会った大道芸にはいずれも度肝を抜かれましたが、とりわけ圧巻だったのは、17時30分から高南通りで始まった「ゴールデンズfrom大駱駝艦」による舞踏です。百聞は一見に如かず、何を言っても野暮になりますが、観衆を巻き込んでもはや呪術の域に突入する、あれを本当のアングラ芸術というのでしょう。コンクリートの路面に閉じ込められた地霊を呼び覚ますかのような、目撃した者にしかわからぬあの衝撃。

 思えば、能・狂言や歌舞伎といった日本の伝統芸能も、その初めは「河原」を上演の場としていました。水こそ地下に封印されてしまったものの、高円寺という土地はやはり、そのような芸能の徒の魂を揺さぶる何かを、今でも秘めているように思われます。
 高円寺には区立の劇場「座・高円寺」もありますが、ともすれば芸術性の追求にこだわるあまり、敷居の高さを感じさせ、地域住民の足が遠のいてしまってはいないでしょうか。真に地域から愛される劇場を創っていく為に、このイベントから学ぶものは大きいはずです。

posted by 田中ゆうたろう at 10:37| Comment(1) | 日記

2017年04月26日

魚河岸の心の拠り所

 先日、築地と豊洲に行ってきました。築地にはこれまでに何度も出かけていますが、豊洲は初めての訪問でした。
 市場移転に反対の方々は、豊洲のどこに不安を覚えるのでしょう。それは、移転予定地があまりにも広大に過ぎ、設備の規模も過剰を極めていることではないか。豊洲を見て回りながら、そう考えました。
 いったい、維持管理費にいくらかかるのか。そのために業者の払う施設使用料はどうなるのか。
 26年前に丸の内から新宿に移ってきた、あのどう考えても無駄に豪奢な都庁舎。豊洲にもそれと似たものを覚える人々は、一定数おられることでしょう。
 築地の地に長年根付いた、世界でも稀な生きた魚河岸文化を、ごく一部の者達の利権のために手放して良いのか。現在の業者の数から言って、豊洲のような広大な面積が果たして本当に必要なのか。
 確かに、ここはやはり冷静に再考する必要があるのかも知れません。
 築地にも豊洲にも、それぞれの特性を生かした、より良い役割があるかも知れないのです。
 さりとて、悠長なことも言ってはいられない。移転延期に疑念を抱く都民も、決して少なくはありません。今が、物事を考えるための最後のチャンスでしょう。

 かの女性環境保護活動家ワンガリ・マータイ氏が、日本で発見し世界に広めたMOTTAINAIの精神が、今少し見直されて良いと私は思っています。
 氏は、日本語の「もったいない」に感銘を受けた後、この意思と概念を世界に広めるため、他の言語で該当するような言葉を探したそうです。しかし、「もったいない」のように、自然や物に対する敬意、愛などの意思が込められているような言葉が他に見つからなかった。また、消費削減(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)、尊敬(リスペクト)の概念を一語で表せる言葉も見つからなかった、とのこと。
 
 MOTTAINAI発祥の地であるこの日本の首都東京で、MOTTAINAI精神に欠ける都庁移転がかつて行われ、今またMOTTAINAI精神に乏しい市場移転が俎上に上がっていることは、世界に対し、それこそMOTTAINAIことではないでしょうか。

 築地には、土地の氏神である「波除(なみよけ)稲荷神社」の他にもう一つ、「魚河岸水神社遥拝所」があります。ここにお参りすることで、北の方角にある神田明神の境内にある「水神社」を拝めることになっています。
 「水神社」は魚河岸の守り神で、その歴史は古く、徳川家康の江戸入府とともに移住してきた日本橋魚市場の開祖・森孫右衛門ら摂津国の佃村・大和田村の漁師達が、大漁・海上安全と子孫繁栄を祈願して、水の神を祀ったのが始まりだそうです。

 魚河岸の心の拠り所ともいうべきこの遥拝所から、私は改めて水神様に手を合わせました。この問題にかけてきた時間と手間暇に見合う、より良い結論が導かれますように。

posted by 田中ゆうたろう at 21:23| Comment(1) | 日記