2016年08月01日

「10年早い。自分の立場をわきまえなさい」

小池百合子新都知事は、連日の街頭演説やテレビ出演において、現在、杉並区が区立公園をつぶして保育所を建てようとしていることに言及されていました。
そして、「区長さんは苦労されている」としながらも、「小さい公園だから住民から反対が出ている」「保育所は広い都立公園に建てるべきだ」との趣旨を、繰り返し訴えておられました。
正当な訴えであり、私も賛成です。

普通、保育所を建てることに近隣住民が反対しているというと、単なる地域のエゴのように誤解されがちです。
また、事実、そのような誤解を助長しそうな、表面的な報道が多いのです。
しかし、区がつぶそうとしている区立公園は、子供達の貴重な遊び場として活用されているものです。子供達の育ちにとって、区立公園は保育所と同様、必要不可欠なインフラなのです。
保育の量だけを見て、質を考えないから、「保育所増設のためには公園つぶしもやむを得ない」という安直な結論に至ってしまうのです。

この点、小池候補が正当な訴えをしておられることに、安心しました。他候補は、ここまで踏み込んで勉強していなかったと思います。何しろ「都立保育園を作りたい」(鳥越俊太郎氏)とか「1か月以内に全区長さんと話す」(増田寛也氏)とか、そんな抽象的な話ばかりでしたから。

しかし、近隣住民の反対が最も強い区立久我山東原公園で、今日ついに工事が始まりました。
残念ながら、杉並区議会自由民主党、杉並区議会公明党、区民フォーラムみらい、いのち・平和クラブら諸会派が、民主党出身の区長の暴挙に加担している以上、工事開始を食い止めることはできませんでした。

住民の方々の落胆の声に接するにつけ、私は、今から3年前、杉並区選出の衆議院議員の事務所を訪ねたことを思い出します。
議員本人は不在でしたので、秘書に「今、杉並区は待機児童の問題に直面しています。このことをどうか代議士にお伝え下さい」と伝えたところ、秘書から返ってきたのは「10年早い。自分の立場をわきまえなさい」という答えでした。
私は、大きく失望し、他の信頼できる参議院議員に働きかけたことをよく覚えています。
しかしこの時、先の衆議院議員がきちんと動いてくれていれば、地元杉並の保育事情は、今頃もっとましなものになっていたのではないでしょうか。

この衆議院議員しかり、また杉並区長や杉並区議会上記諸会派しかり、有権者の声に耳を傾けようともしない彼らの姿を見るにつけ、政治そのものへの信頼が失われてしまうことを、あの日以来懸念し続けています。

posted by 田中ゆうたろう at 22:31| Comment(2) | 日記

与野党推薦候補惨敗 小池百合子新都知事誕生へ

選挙戦が終わり、小池百合子新都知事が誕生することになりました。
初の女性都知事の誕生を、まずは歓迎したいと思います。

与野党とも、推薦候補者は想像以上の惨敗を喫しました。
双方とも政策に見るべきものがなかったことに加え、与党候補は例の「締め付け文書」や「大年増の厚化粧」発言などなど、人心の機微を解さぬ党都連の作戦がことごとく裏目に出たこと、また野党候補は、「弱い者の味方」を標榜しておきながら、候補者本人の女性問題に足をすくわれたことが大きな敗因でしょう。
つまり小池候補の勝利は、本人の善戦もさることながら、敵失という要素が大きくプラスに働いたのではないかと思います。
新都知事には、このことを忘れて頂きたくありません。今回の圧勝に奢ることなく、清新な都政に突き進んで頂きたいと思います。

与野党候補の政策に見るべきものがなかったことは残念ですが、一方、他の候補者が掲げる政策の中には、優れたものもありました。特に、議員定数削減や五輪利権追放、外国人生活保護の廃止などは、説得力がありました。

小池候補の応援団の中には、「締め付け文書」などものともせず、除名覚悟で参加した与党所属の国会議員や地方議員など、立派な方々が多数おられました。また、今回は保守分裂で、どちらに投票すれば良いか最初わからなかったが、新しい歴史教科書をつくる会が小池候補を支持しているのを見て、安心して小池候補を選ぶことができたという方々も大勢おられました。
一方、強姦疑惑が報じられるなど、正体不明の怪しげな連中も図々しく陣営に紛れ込んでいました。

新都知事には、これらの点も併せて心に留めて頂きたいと思います。

さて、報道によれば、野党候補擁立の責任者は、投開票前日に突如、9月の党代表選への不出馬を表明。党内では「敵前逃亡」などと怒りが渦巻き、責任のなすり合いが起きているそうです。
一方、与党候補擁立の責任者は、候補者事務所で敗戦の弁を述べただけで、これまた早々に「逃走中」との由。保守分裂を招き、多くの党支援者から見放されたことを、今頃どう受け止めているのでしょうか。
初当選以来、ずっと支援してきたというある杉並区民は、「今回、初めてあの人を裏切る。だって、小池さんはあの人がセシオン杉並で演説会をやった時、忙しい中わざわざ駆け付けてくれたのよ。義理人情を忘れたら、人間じゃない。あの人は、最近顔つきが変わってきてしまった」と、私に語って下さいました。
このような言葉を天の声と受け止め、今回の責任をどう取るか、あるいは取らせるか、注目したいと思います。
何はともあれ、一首。

 東京は草木も生えぬ石原に ユリの花咲く朝は来にけり

posted by 田中ゆうたろう at 09:36| Comment(2) | 日記

2016年07月27日

声はかすれ、目はショボショボ、足取りもヨレヨレのくたびれた老爺

報道によれば、前々々都知事は昨日、某党都連が開いた会合に出席し、トリを「売国奴」、ユリを「嘘つき」「大年増の厚化粧」などと呼んだそうです。党が推薦するマスを応援するためだったとのこと。

氏はまず、中国が尖閣諸島に攻め込んだ場合の対応をめぐり、トリが過去に「自衛隊が出動したら人が死ぬ。そんなことだったら尖閣なんか中国にくれてやったらいい」と発言したことについて、「売国奴だ、こいつは」「こんなばかなことを言うやつが東京を代表したり日本人を代表しておこがましいことができるか」と述べた由。

しかし、氏のご長男も、かつて情報番組に出演し、中国は尖閣諸島に「攻めて来ませんよ。誰も住んでないんだから。」と発言。そのあまりのお気楽さにみるみる党員の信頼を失い、ついに党総裁の座を逃したことは記憶に新しいところです。
竹島には誰も住んでいませんでしたが、それでも韓国が攻めて来て、今日まで不法占拠が続いていることなど、小学生でも知っています。

「売国奴だ、こいつは」「こんなばかなことを言うやつが東京を代表したり日本人を代表しておこがましいことができるか」といったお言葉は、他人よりまず、ご長男におっしゃってはいかがでしょうか。

氏の矛先はユリにも向けられたようで、「もう一人、大年増の厚化粧がいる。あの人は嘘つきだ」と述べたとのこと。
待って下さい、ユリは氏より20歳も年下のはず。計算もできないのでしょうか。
ユリを「大年増の厚化粧」と呼ぶなら、さしずめご自分は「声はかすれ、目はショボショボ、足取りもヨレヨレのくたびれた老爺」とでも呼ばれることを覚悟しなければならないでしょう。
保守政治家の雄と目された大物も、息子可愛さのあまり、耄碌してしまわれたようです。

氏は、悲しいかな、出馬会見で「私は昭和15年の生まれです。終戦の時20歳でした。」と述べ、また女性記者からの「候補者の人間性を知りたい」という質問に対して、「そんな難しいこと、ここで聞くの?そんなのはね、2人になった時に聞くもんだね。」と答えたトリと、もはや大差ありません。
計算もできないし、自分がどれだけ女性を蔑視しているかという自覚も全くない。
言うまでもなく、女性の年齢や容姿を公衆の面前であげつらうことは、悪質なセクシャルハラスメント以外の何物でもありません。
これ以上晩節を汚すことなく、トリともども、速やかに退場されることを願います。

最後に、「嘘つき」という言葉は、これまた、まずご長男におっしゃるべきだと思います。
氏が身勝手に都政を放り投げた後、不適格な都知事を二度も都民に推し続け、しかもいまだに一言も謝らない、あの不肖のご長男に。

posted by 田中ゆうたろう at 00:21| Comment(8) | 日記